年の瀬と年明けには、久しぶりに逢いたかった人と逢えました。
一緒においしいものを食べて 顔を見合わせては笑って
しみじみいい時間でした。
学生時代の友人が金継ぎを始め
修行時代に作ったお気に入りのお茶碗をつないでくれました。
傷ついたものたち
バラバラの断片から生まれる新しい景色
こんな知恵を少しずつ育んでいけたらいいな
皆さんにとって心温まる一年になりますように。本年度もどうぞよろしくお願いします。
あの日から8401日と
新聞が伝えていた。
【阪神・淡路大震災から23年】
阪神・淡路大震災の発生から間もなく23年。
神戸新聞NEXTの特集ページでは、さまざまな角度から大震災を振り返っています。
HP: (Click!)
きっと数えることなんてできない
それぞれの時間
想像すら及ばない気がしている
時の流れは平等ではないんだろうなと
ぼんやり想いながら迎えた朝
ゆっくり読みたいと思います。
午後、宮城で一緒にボランティアをしていた
神戸の「お父ちゃん」とメール。
穏やかな文面にホッとする。
「遊びにきたら おいしいものをご馳走するよ」
神戸では当時、病院に勤めていて
2011年は車中泊で、神戸と東北を何度も行き来していた。
茨城で地震があるたびに 何かあったら飛んでいくと
必ず連絡をくれる私のスーパーマン。
今年こそは会いに行きたいな
一緒においしいものを食べよう