☆ 色づく季節

またもや久しぶりの更新になってしまいました!
この季節は、毎日が小さな春の発見に満ちています。
クロッカス、水仙、チューリップが次々と芽を出して、
ハナミズキ、木蓮の蕾が膨らんできました。
一昨日は、作業場の前の寒桜が満開に。
花見をしながらお仕事という贅沢を味わえます。
そして、毎年花が咲くと同時にヒヨドリが姿を現します。
花の蜜を吸っているみたいなのですが、時折花を食べてしまうので、
可愛らしくも憎い奴!毎日同じ子が来ているので、愛着がわきます。
愛着と言えば、冬の間、縄張りを単独行動するルリビタキの雄が、
毎日うちの庭の色んな場所で餌を取っていました。
私が外で灰をこしたり、花の手入れなどをしていると、
側によってきて、つぶらな瞳でじっと見ています。
1メートルもない距離まで近づいて、首を傾げながら様子を伺う姿が、
何とも愛らしく、勝手にルリ男と名前をつけて、仲良く?してました。
ルリ男が来てから1カ月ぐらいして、ジョウビタキの雄も現れ、
この子も毎日のように庭のあちこちで餌を取ったり、鳴いたり。
そして、ある日・・・
二羽が空中で衝突している姿を発見!!
縄張り争いかなあと興味津津で、仕事を中断して、
二羽の後を怪しげに尾行してしまいました。
その後も地面で追っかけごっこみたいなことをしてましたが、
その日はルリビタキに軍配が。
で、1週間後、今度は同じ木の枝に止まってる姿を発見。
仲が良いんだか悪いんだか??
今月に入ってから二羽とも引っ越ししてしまったようで、
ちょっぴり淋しい今日この頃です。
ルリビタキは東北や四国で繁殖期を迎えるようですね。
ジョウビタキは、中国やモンゴル、サハリンなどで繁殖して、
越冬のためにはるばる日本に渡ってくるそうです。
うちの庭に寄ってくれたんだなあ・・。これもまた出会い。
今頃どんな景色の中で飛んでいるんだろう?
想像が無限に膨らみます。
想像の世界にどっぷりつかっている場合ではありません。
というか、気付いたら鳥のことばかり書いてました。。
そうです。陶器市、近づいてきました!!
毎日、作業場で音楽やラジオを聴きながら制作しています。
今回も新しいものを色々作ってみました~。板皿が充実してるかな?
今後、少しずつ写真もアップしていきますね。
いつもぎりぎりまでバタバタの陶器市だけれど、今からとても楽しみ。
皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。
写真は、雪の中で花開いたクリスマスローズ、ろくろから見える桜、
そして、昨日火を入れた素焼きの窯の中です♪