文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
Img_cfffc66ae8b468d56efe04d1b738381c
瀧さん逮捕後の一連の動き。いつからこの国はこんなに不寛容になったんだろう。
ひとつの作品に関わっている多くの人たち。それぞれの想い。
日々の生活のなかで、その作品に救われ、生かされているひとだって、たくさんいる。
文字通り、命綱のようなものだったりする。
それをすべて取り上げるって暴力以外の何ものでもない。
  
それぞれの背景に何があるのかは分からないし、被害者がいる場合は別だとも思う。
でも薬物使用は法的に裁かれる対象ではあるけど病気でもあって、
こんな風にあらゆる方面から否定して出口を塞いでしまったら、
立ち直れる人も行き場をなくしてしまう。
今、抜け出そうとしている人たちも追い詰められる。
  
人間の喜怒哀楽や誰しもが抱えているであろう混沌、どうしようもなさから生まれたり、
そのすべてを包み込んでくれるのが音楽や映像でもある。
側から見たらあかんやろってひとの生き様や感性に心を動かされたり励まされたりもする。
こういう時こそレコード会社や映像会社にはアーティストやリスナー・視聴者、
音楽や映像そのものを守ってくれと、声を大にしていいたい。
  
昨夜はドキュメンタリー、盆唄を観てきた。予告編→ (Click!) 
長い歴史のなかで、その土地で紡がれてきた唄、太鼓の音色、踊り。
時代や国や自然の動きに翻弄されつつも途切れずに、
ひとりひとりの身体、こころのなかに響き、根付き、生きる糧になっているもの。
この尊さは誰にも奪えないし、奪ってはならないものだ。
  
登場するひとの表情を見ているだけで、胸に迫ってくるものがあった。
そして無性に太鼓を叩きたくなり踊りたくなったので、
明後日水戸芸術館で開催される大友さんの即興オーケストラワークショップに行くぞ。
思い切り音楽になってやる~~。くっそ~~!

写真は震災後に福島で生まれ、毎年参加しているプロジェクトFUKUSHIMA!の盆踊り。
私はこの盆踊りに生きる力をもらった。
大切にしたい時間。守りたいもの。


<追記>

後日拝読した武田砂鉄さんの記事。とても共感した。
「なぜ中止かをちゃんと示さない社会は、人を立ち直らせようとしない社会に見える、と書きました。」→ (Click!) 

そして大友良英さんがツイッターにアップしていた2009年の文章
「音楽は誰にも裁けない」 (Click!) 
本当にその通りだと思う。