畑と根っこ

あまりに良いお天気なので、今日は一日見て見ぬ振りをしていた庭仕事。どうにか野菜の苗を植えるところまで辿り着き、清々しい気分。
   
ささやかな畑だけれど、苗を植えると、自分の足に根っこが生えたような気持ちになる。
昔は根っこが生えそうになると、不自由に思えたのか、無意識にそれを断ち切ろうとしていたけれど、この根っこは自由につながっている感じがする。
  
学生の頃に繰り返し読んだ「気流の鳴る音」の一節をふと思い出す。
  
人間の根源的な二つの欲求は、根っこを持つことと翼を持つことー
   
この二つが相反するものではなく、つながっていると実感できるようになれたのは、いつだったのか。今はもう忘れてしまった。
  
いつの間にか山法師の花が驚くほど大きく開いていて、森ではホトトギスが鳴き始めている。縄張りを主張して夜通し鳴くので、この時期は時折目を覚ます。
 
夏がやってくるんだな

公式直売サイト&Web版益子陶器市で販売

益子陶器市の期間中から、下記でweb販売させていただきます。是非遊びにいらしてください。

◆公式直売サイト 4月29日〜
(Click!)
手びねりの器を中心に、ろくろものも幅広く販売する予定。
さて間に合うのか…!いつもにも増してバッタバタだけれど、頑張ってみます。
基本的なものは揃えて、後は少しずつ更新する感じになるかなと思います🌸

◆益子陶器市web版 5月3日〜20日に参加!
(Click!)
ろくろの器を中心に15種類ほどの器を出品します。
出店方法の関係で、お手頃価格の小物はセット販売のものが多いのですが、
公式サイトの方でも、在庫のある同じ器は掲載しますので、ご希望の個数を選んでいただけます。
もちろん、直接ご連絡いただいてもOKです。
ご不明な点は、インスタ@ejonekoのDMでどうぞ!

◆笠間の作家さんたちの販売情報などは、こちらのインスタで→@kasama_tsunagu
インスタライブなどもあります。
皆さん、いろんな試みを広げていて、本当に素晴らしいなあ。
是非チェックしてみてください。

SNSでの発信は、普段あまりできていないし、初めてのことばかりでドキドキですが…
楽しんでいただけたら嬉しいです。
そしてまた益子で皆さんに直接お会い出来る日を心待ちにしています。

どうぞよろしくお願いします!

オンラインショップを準備中🌸

今年も大好きな桜、御衣黄が花開きました。これから咲き始めの黄緑色が、少しずつピンク色に染まっていきます。庭を散歩しつつ、制作も進めつつ、公式オンラインショップの準備を進めています。まだクローズしておりますが、サイトはこちらです→ (Click!) 陶器市が予定されていた29日にはオープンする予定ですので、是非覗いてみてください!

また、笠間の作り手とお客さんをつなげようと、友人たちが素敵なサイトを立ち上げてくれました。かさまつなぐ: (Click!)  instagram: (Click!) 素早い!素晴らしい!ありがとう…!オンラインで陶器市気分🌸 私も参加させていただく予定です。今後色んな作家さんの情報が掲載されると思うので、是非チェックしてみてください。ちなみに益子町もオンライン陶器市を開催する方向で準備を進めているようです。現時点では、自分のオンラインショップのみで、Etsuko Ono Instagram: (Click!) とも連携しつつ販売する予定ですが、益子の方にも参加できそうであれば、またお知らせしますね。引き続きお身体にお気をつけて・・穏やかな日々を祈っています。

十数年の感謝を込めて

益子陶器市の中止が決まりました。
「じゃりん小径」で出店を始めて10数年、毎年たくさんのお客さんとの出逢い、常連さんや友達、出店仲間との再会に恵まれ、泣きそうになるぐらい嬉しくて幸せで。ほんとうに大切な心の拠り所であり、帰る場所。中止は残念だけれど、今はこれが最善の策だと思います。
  
今日は発表を聞きながらの窯焚き。器はもりもり制作中。作ることも焼くことも普段通りに続けます。
来月、何らかの形で器を陶器市価格でお届けしたいな。これを機にこれまで躊躇していたネット販売の準備もして、状況を見ながら実際に手に取りたい方に向けて、安全に展示する方法も思案してみようと思います。自宅の屋外、予約制かなあ。決まり次第、お知らせします。
  
これを書いている最中も仲間や友達からの連絡が次々と入っています。悲しいね、残念だね、と。ツイッターのタイムラインでも楽しみにしてくださっていた方のつぶやきや作り手を心配してくださっている声も。やさしいな。あったかいな。本当にありがとう。
  
今は周りの大切な人たち、遠くの誰か、そしてその誰かの大切な人たち、医療現場、ライフライン、心を豊かにしてくれる多彩な文化・芸術、日常を支えてくれているありとあらゆる人を守るために、感謝の気持ちを込めてじっと堪えるときなのだと思います。どうか皆さん、気を付けてお過ごしください。
  
どんなときも生まれる素敵なものが、この世界にはたくさんある。同時にこういう時だからこそ気づけることにも目を向けて、日々、新しく生きていけるようになりたい。また 益子陶器市で皆さんと元気に再会でき日を想像しつつ、在庫たんま~り用意してお待ちしてます。
  
hugs & kisses to you all!

追伸:今できる対策について、今後も良い情報だなと思ったものはツイッターに随時上げています。@ejonekoです。こちらでも時折紹介できたらと思っています。皆さんの健やかな日々を心から祈っています。

春の雨

テレビが壊れていることに気づかないくらいテレビを観ていなくて、SNSからも遠ざかっている間にマスクもトイレットペーパーもなくなっていて、ありゃーと思いつつ、施設のお婆ちゃんたちに話したら、皆、そうけ〜?と大して気にしていない様子で、なんだかホッとする。

そうだよなあと思う。家にはウォッシュレットがあるし、いざとなれば他のもので代用できる。姉や友達はカラフルなハンカチやガーゼでマスク作りを楽しんでいて、あら、この方が顔周りが明るくなるなあと思ったり、逆に今まで買っていたマスクも、こんな風に手作りすれば良かったんだと気づいたり。

安全な暮らしも何の変哲もない日常も。毎日意識せずにいられたひとつひとつへの道筋を作ってくれたひとたちのこと、そんな積み重ねのことを想う。昔ながらの知恵や新しい知恵。創意工夫を楽しむこと。いらないものはどんどん手放して、ほんとうに必要なひとたちに届けば良いなあとも。

陶器市は大丈夫なの?と友達に心配されて、ああ、そうか。制作していたけど、中止になる可能性もあるんだ。となると数カ月無収入という結果になるのか…。なったらなったで秋が楽になると思えばいいかな…とのんびり構えている。仲間やお客さんにはすごく会いたいし、私よりも大きな影響を受ける人たちがたくさんいるだろうから、そんなに安直な話でもないのだけれど。

作業場の前の桜が満開で、雨がしとしと降っていて、苦手な轆轤が気持ち良い一日だった。