★昭和へタイムスリップ

昨夜は上野で大学時代の親友とデート。
食事の後、とある昭和な雰囲気のカフェへ。
テーブルも椅子も、壁や天井もレトロ感たっぷりで、
店内には控えめにクラシックが流れている。
学生時代に毎日のように足を運んでいたルオーという
古い木造りのカフェを思い出した。
店主が静かな女性で、いつもクラシックをかけていた。
窓辺に陣取って、何時間も本を読んだり、日記や詩を綴ったり。
伸び続ける髪や爪を何かに有効に使えないものか?と言ったことから、
人類はどこから来て、どこに行くんだろう?と言ったことまで、
とりとめのない想いを際限なくめぐらせた場所。
何故か、自分がここにいるのにここにいないような感覚が、
帰ってからもしばらく抜けなかった。
時間の軸がずれてしまったよう。
今思い出しても、昨夜のこととは思えない。
不思議な時間だった。
今日は優しい雨の日。
手を合わせたくなる。