<陶器市、そして器で被災地支援>

陶器市、足を運んでくれた皆様、ありがとうございます!!
ありがとう、では全然足りないです!!どう表したら良いのか・・。
今回の陶器市開催は、益子町にとっても窯業関係者にとっても、一種の賭けだったと思う。
益子や笠間で自身が被災し、窯や器が壊れてしまった人達、
更に家族や親戚が東北で被災し、実家を失くした人達も沢山参加していた。
それぞれの想いの中で制作され、焼かれた器。
多分、器を作ることで救われ、元気づけられていた私みたいな人もいるはず。
立ち止まってしまうと、心の中に渦巻いているものに負けそうになる。
やることがある、やれることがある、そのことに背中を押されていた。
でも、お客さん、来てくれるのかな? そのことを皆、心配していた。
が、しかし! 蓋を開けたら陶器市、大盛況!!
ピーク時には行きも帰りも大渋滞。平日でさえお客さんがい~っぱい。
常連さん、友達、仲間達、そして、新たなお客さんも沢山来てくれた。
お釣りはいらないから、今後も頑張ってと声をかけて下さったり、
(お断りしたら、支援金に回してほしいと言って下さったので、有難くそうさせて頂きました)
知り合いにカフェを経営している方がいるので、そこで個展をしないかと、
話を持ちかけて下さったり・・。どんなに勇気を頂いたか。
また、驚いたことに、常連さんの素敵なご夫婦が姉が移住する群馬県の同じ地域在住だったり、
新たなお客様もその地域からいらしていたりで、姉の話をしたら、寄って下さい!とのこと。
はい!迷わずそうさせて頂きます。心強い!
そして、器を通して被災地を支援する動き活発化。
ひょうたんのランプなどを制作している光房みちの吉田弘道君と、
代表メンバー、矢川士郎君らが立ち上げた「手づくり支援プロジェクト」。
被災地の仮設住宅へ栃木の手づくりの食器を直接届けるという長期支援ネットワーク。
とにかく二人の情熱、気持ちが素晴らしくて、賛同者が続々と増えている。
この活動の詳しい内容は、
<手づくり支援プロジェクト>
(Click!)
活動のための支援金も募集中なので、
賛同して下さる方は是非是非、ほんの少しでも協力して貰えたら有難いです。
そして、この活動の存在を周りの方達にも広めて頂ければ幸いです。
被災地支援に関しては、色んな形があると思う。
支援する側にもそれぞれの生活や守らなければならないものがある。
やはり無理せずに出来るだけ長く続ける方法を探る必要があるなあと感じていて、
私にとっては、器を通しての支援が一番の方法だという結論に至ったので、
このプロジェクトに仲間達と参加できるのは、嬉しいことです。
震災で、3月に予定されていた企画展が流れてしまった陶ISMでも、
7月には仙台でチャリティ企画展なども計画されていて、
被災地に無償で器を送るという案も出ている。
こちらの運営メンバーの行動力にも脱帽です。
メンバーの多くは被災しているというのに、
震災後すぐに益子町で窯業関係者の支援ネットワークを発足させ、
窯の貸し借りなどの支援体制を整えたり、話し合いの場を作ったり・・。
是非是非応援して下さい。
<陶ISM>
(Click!)
写真は、陶器市期間中、一緒にテントを出しているお仲間のダンディーな陶芸家、
能登実登利さんから頂いたカード。
能登さんの娘さん家族もいわきで被災し、能登さん、心労で痩せてしまった。
今回の陶器市、福島からの姉家族が初めて遊びに来たのだけれど、
(これまでは農作業の忙しい時期と重なるので、来れなかった)
姉家族にもとてもよくして下さって。
裏には、こんな言葉が。
読んだら、涙があふれた。
能登さんにも、心からありがとう。
********
よるのやみに ほろぶしろ
あさのひかりに よみがえるしろ
大地のぬくもり 空の青
花のはじらい 平和を願うこころ
すべて つつみこんだ つよいしろ
かなしみのいろ あこがれのいろ
白い闇に 白く輝く
白い器を