十数年の感謝を込めて

益子陶器市の中止が決まりました。
「じゃりん小径」で出店を始めて10数年、毎年たくさんのお客さんとの出逢い、常連さんや友達、出店仲間との再会に恵まれ、泣きそうになるぐらい嬉しくて幸せで。ほんとうに大切な心の拠り所であり、帰る場所。中止は残念だけれど、今はこれが最善の策だと思います。
  
今日は発表を聞きながらの窯焚き。器はもりもり制作中。作ることも焼くことも普段通りに続けます。
来月、何らかの形で器を陶器市価格でお届けしたいな。これを機にこれまで躊躇していたネット販売の準備もして、状況を見ながら実際に手に取りたい方に向けて、安全に展示する方法も思案してみようと思います。自宅の屋外、予約制かなあ。決まり次第、お知らせします。
  
これを書いている最中も仲間や友達からの連絡が次々と入っています。悲しいね、残念だね、と。ツイッターのタイムラインでも楽しみにしてくださっていた方のつぶやきや作り手を心配してくださっている声も。やさしいな。あったかいな。本当にありがとう。
  
今は周りの大切な人たち、遠くの誰か、そしてその誰かの大切な人たち、医療現場、ライフライン、心を豊かにしてくれる多彩な文化・芸術、日常を支えてくれているありとあらゆる人を守るために、感謝の気持ちを込めてじっと堪えるときなのだと思います。どうか皆さん、気を付けてお過ごしください。
  
どんなときも生まれる素敵なものが、この世界にはたくさんある。同時にこういう時だからこそ気づけることにも目を向けて、日々、新しく生きていけるようになりたい。また 益子陶器市で皆さんと元気に再会でき日を想像しつつ、在庫たんま~り用意してお待ちしてます。
  
hugs & kisses to you all!

追伸:今できる対策について、今後も良い情報だなと思ったものはツイッターに随時上げています。@ejonekoです。こちらでも時折紹介できたらと思っています。皆さんの健やかな日々を心から祈っています。