遅咲きの珍しい桜が満開。
5年前に庭の隅に申し訳なさそうに佇んでいたこの木を
太陽がさんさんと降り注ぐ中央に移した。
年々健やかに成長し、
今やうちのシンボルツリーになりつつある。
この桜は、蕾が膨らみ始めると同時に葉も芽吹き、
花と葉が同時に開く。
花は八重なのに、薄~い緑色なので、
葉にまぎれてあまり目立たない。
「なんて、地味な桜だろう・・。」なんてはじめは思ってた。
そうしたら、日に日に頬紅を差すようにポワッと色づき始めて、
散る頃には見事なピンク色の絨毯が。
この色彩がまたなんとも形容しがたい美しさなので、
毎年、誰かに自慢したいような気分になるのだけれど、
陶器市前のバタバタの時期に開花するため、
秘密の桜と化している。
ということで今年は写真のお裾分けです♪