★ 味噌作りと不思議な縁

今年も味噌作りの季節がやってきました。
昨年まではJAの設備を使わせて貰っていて、
仲間10人ほどで、皆の分を共同で作っていたのだけれど、
あまりに自家製味噌作りが広がりすぎて、
JAの味噌が売れなくなったらしく、
設備利用が出来なくなってしまい。。
な、なぬ~!!
というわけで、今年は自宅で遊びに来ていた姉と一緒に挑戦。
JAで作っていた時は、ゆでた大豆は機械がすってくれました。
これ、ほんと便利だったんだなあ~。が、今回は勿論全手動。
大した量ではないから、そこまで大変ではなかったけれど、
すり鉢だけだと手が疲れる・・ということで、
姉が袋に入れて足で踏むというやり方を提案してくれました。
これが、大当たり!!
足踏みして大分こなれたのを最終的にはすり鉢で、という方法。
昔は村の?女性達が歌でも歌いながら皆で踏んでたのかもなあ。
楽しかった~。
今年は姉の無農薬大豆2キロ、麹2キロ、塩900グラムで製作。
半日かかったけど、JAでやっていた時以上の充足感。
やはり自分の体で作ると違うなあと。愛着が増しました。
味噌の出来上がりは11月ぐらいかな。
昨年までの手作り味噌も、今まで食べていた味噌は何だったんだ?
と思うくらい美味しかったのだけれど、
これは完全無農薬バージョンだし、機械では出ない味が出るはず・・
と、勝手に期待が膨らんでいます。早く食べたい~!
味噌作りは全然難しくないから、ほんとお勧めです。
市販のより断然美味い!
*****************************
さて、
話は全然違うのだけれど、
今日の午後、前回の陶器市で声をかけて下さった、
ネットショップの吉田さんが、注文の器を取りに来てくれました。
偶然にも、私の陶芸の師匠でもある鈴木秀夫氏のファンで、
昔から個展にも足を運んでいらしたとのこと!
「もしかして昔、ソバージュで長い髪でしたか?」と、
今日突然聞かれて、「え?何で知ってるんですか?」と驚いていたら、
6年前ぐらい、私が焼き物修行を始めたばかりの頃に、
個展会場で鈴木さんと談笑していた私をチラっと見かけていたらしい。
「あの時は鈴木さんの娘さんかな~って思って見てました」と
言われて・・。とても嬉しい縁です。
吉田さんは、そのころまだ会社勤めをしていて、
器が大好きだけど、本職にはしていなくて、
私はまだ陶芸の卵にもなってないようなひよひよ状態。
あそこでニアミスしていた二人が、6年後、
こんな風に出会えるなんて。
とても幸せな気持ちになれました。
人は、どこでどう繋がっていくか分からないもんだと、
改めて出会いの不思議を感じます。
ちなみに吉田さんのウェブショップはオープン間近。
その時は改めてお店の情報をアップさせて貰いま~す♪♪
今日街角ですれ違った人が、数年後、
とても大切な人になっているかもしれない。
そう想像しながら生活したら、毎日が変わる気がします。